日本基督教団

2010年10月29日 (金)

日本基督教団信仰告白

日本基督教団遠州栄光教会に通い出してから、もう4年を過ぎた。
初めて礼拝に参加したとき、礼拝の中で、「日本基督教団信仰告白」なるものに触れた。
バプテスト教会に通っていた時も「主の祈り」と「使徒信条」は礼拝の中で皆で読み上げていたが、この「日本基督教団信仰告白」は、「使徒信条」の前に付け加えるようにして礼拝の中で読み上げられる。
初めてこの告白文を読んだ時、
「何で、こんな当たり前のことをわざわざ「日本基督教団」なんて限定して書いているのだろう。」といぶかしく、また不思議に思った。
HCCでは、私が在籍中?には礼拝の中で「主の祈り」や「使徒信条」を読み上げるという習慣はなかった。ネット放送を見る限り、多分今もないと思われる。
しかし、私は「日本基督教団信仰告白」を聞いて、「当たり前のことを何で日本基督教団、ってタイトル入れてわざわざ読み上げているんだろう。」と感じたのである。

日本伝道出版の「日本基督教団信仰告白を学ぶ」近藤勝彦著 の中にこのようにある。

まず、「信仰告白」とは何でしょうか。・・・・(中略)一つには教会で告白されている「一定内容の信仰告白文」(クリード)を意味します。・・・(中略)個人的な文章とは異なった共通の承認によって権威づけられた文章表現です。しかし「信仰告白」というと、そういう文章表現として確定したものの前に、もっと本来的に、そもそも信仰を口で言い表す行為そのもの(コンフェクション)を意味することがあります。はじめにこの信仰の告白的行為があって、やがて後に用意周到な告白文を産み出すことにもなったわけです。・・・(中略)たとえ一定の形で長文の告白文を持っていない教会であっても、それが生きた教会であれば、かならずや信仰を告白しているに違いありません。信仰告白的でないキリスト教会を考えることはできないのです。祈りをなし、礼拝をしているとき、すでにそれは「信仰告白的な信仰」に生きていると言わなければならないわけです。
*下線はtakakoです。

この下線部分を見て少しほっとしたわけである。
読み上げることに慣れてなかっただけで、信じている事柄は、同じである!ということ。
礼拝をし、祈りをする中で、信じていること事柄の共通事項が明確に信徒一人一人に浸透している。簡単に言えば、「何を信じているのか。」という大事な事柄が、どの教会であっても(多分)一致していることが喜びでもあった。
それは、なぜか。
もちろん、私たちの信仰の拠り所がもっとも権威付けられた聖書であるから。
信仰告白は、聖書を超えるものではない。もし、聖書に沿わないならその告白は意味をなさないし、改定しなければならない。
以下日本基督教団信仰告白文

我らは信じかつ告白す。
 旧新約聖書は、神の霊感によりて成り、キリストを証し、福音の真理を示し、教会のよるべき唯一の正典なり。されば聖書は聖霊によりて、神につき、救ひにつきて全き知識を我らに与ふる神の言にして、信仰と生活との誤りなき規範なり。
 主イエスキリストによりて啓示せられ、聖書において証せらるる唯一の神は、父・子・聖霊なる、三位一体の神にていましたまふ。御子は我ら罪人の救ひのために人と成り、十字架にかかり、ひとたび己を全き犠牲として神にささげ、我らの贖いとなりたまへり。
 神は恵みをもて我らを選び、ただキリストを信ずる信仰により、我らの罪を赦して義としたまふ。この変わらざる恵みのうちに、聖霊は我らを潔めて義の果を結ばしめ、その御業を成就したまふ。教会は主キリストの体にして、恵みにより、召されたる者の集ひなり。教会は公の礼拝を守り、福音を正しく宣べ伝へ、バプテスマと主の晩餐との聖礼典を執り行ひ、愛のわざに励みつつ、主の再び来たりたまふを待ち望む。我らはかく信じ、代々の聖徒と共に使徒信条を告白す。
・・・使徒信条につづく。

しかし、よくよ~くかみしめて告白していると、おいおい、この告白通りに説教が成されているか、信徒の信仰はこの通りであるか、と考えさせられることがある。
つづく・・・

2010年1月21日 (木)

クリスマス礼拝 つづき

もう、年も明けて今日で21日。まだクリスマス?と思う方もいらっしゃるとは思うけど、流れ上、続きを。
教会の暦上ということで、1月の3日の礼拝にもまだツリーはきれいにろうそくを灯されて飾られていた。あそこだと、どこかのデパートみたいに12月25日が過ぎたとたん、正月モードになったけど、そういう感じはない。
説教も、クリスマスに関連した聖書箇所。

クリスマスに限らず、集会に新しい人(新来会者)が来たら、絶対ひとりにしないよう、教育されていた。誰か教会員が友達を連れてきたら、連れてきた人がお世話をするのはもちろんだが、誰のつても無く、ふらっと来た人には必ず塾生がぴったりとくっついてお世話をする。
これは別段悪いことではないと思う。このように信徒教育することもそんなに悪いこととは思わない。でも、このことを信徒に強制したり、しなかったら罰を与える、というのは問題外でしょう。するかしないかは、本人の自主的なものに任せるのが普通だと思う。ほとんどの教会が普通にこのことを理解できると思う。
しかしあそこでは違った。塾生は求道者をひとりにしないように教育されていた。粗相があったら時により体罰が待っている。しかし、罰があるからそうしていたわけでもない。塾生と呼ばれる献身者は、イエス様を信じて洗礼を受けたら救われるという尊い真理を伝える使命感から、ふらりと来た人も必ず洗礼を受けるまで導けたらと、みんな純真に思ってお世話をする。お世話を受ける人がそうされたいと思っているかどうかは別だが。人を捉える、ということに良くも悪くも?貪欲に取り組む姿勢はばっちり出来ている。しかし、本当に人を捉えることができるのは神様のだが・・・いや、正確にいうと、神様の手から逃れられる人、こぼれている人は誰もいない。人はみな、神様の大きな御手の中で生かされている。その神様の方を向いて歩むかどうかだ、という風に今は理解し始めている。
 少し脱線。あるとき、遠州牧師会主催のライフラインの集会が遠州地区で開かれた。その集会スタッフをそれぞれの牧師会所属の教会から出すのだが、HCCからは、もちろん塾生が借り出された。スタッフ数の多さでいえば、ダントツだったと思う。スタッフの役目の中に、ふらっと会場に来た人に対して、住所氏名や感想を記入してもらうアンケート用紙を渡すのだが、その用紙の項目の中に教会名を記入する欄があった。それは、アンケートを書いてくれた人を引き続きフォローする為に、紹介される教会だった。そこに書かれている教会に最終的にそのアンケート用紙を送るようなシステムだったと思う。(記憶違いならご指摘下さい。)塾生には、榊山さんより、その欄に必ずHCCの名を書いてくるように指導された。どんなにHCCから地理的に遠くても関係ない。普通、協賛する教会が集まっているのだから、その方の住んでいる近所の教会を紹介するのが妥当だと思うが、そうではない。この辺りに、その本心が見え隠れしているのではないか、と思う。
 話題は戻って。今通っている遠州栄光教会では、そのような信徒教育(新来会者に飛びつくこと。)は成されていない。それどころか、集っている人が教会員なのかどうかでさえわからない。だから飛びつきようがない。ここで三回目のクリスマスを迎えて、やっと顔と名前が一致できる人が増えて、礼拝出席者の半分近くの人の顔と名前が一致した。しかし、あと半分近くはわからない。去年の最後の礼拝のあと、主任牧師の呼びかけに応じて、礼拝出席者が礼拝堂の中でひとつの輪を作り、自己紹介をした。常々、共に同じ会堂に集って礼拝していても名前と顔が一致しない人が互いに多いからだ。礼拝出席者が100名を超えていることも互いに顔と名前が一致しない要因ではあるとは思う。しかし、基本的には互いの関わりがほとんどないからだ。このことを牧師たちが憂いて、伝道教育委員会なるものが2年ほど前に発足した。なぜか、当初から私たち夫婦は委員に名前が載せられていた。牧師が、他教会から転会してきた教会員を中心に構成したからだ。信徒教育の部分が弱いところは認めざるを得ないのだ。
そんなこんなでも、この教会に来る新来会者は絶えることがない。不思議だ。長く求道されている方もいる。そんな中、ぽつぽつと受洗者がいる。受洗してすぐ来なくなるような人はほとんどない。少なくともこの三年間で見た受洗者はみな、教会に来ている。
私の子供の通っている幼稚園のお母さんたちも大きなイベントの常連さんとなってくれている方もいる。不思議だ。勧誘モードがないから、全くといっていいほどないから。「又来てね。」位はたまに言うけど。良くも悪くも関わって来られないから行きやすいのか。昔の私の感覚では、まだるこいほどの対応だが、何とかなっているようにも見える。良いか悪いかは別として・・・私としては、ほとんどプレッシャーもなく集会に来れるのがとても気持ちが楽なのだ。自然な自分で居られる。集会に出たいから出るのだ。

クリスマス礼拝とは話が最終的に逸れた気がするが、言いたかったことは最後の一文である。。